限度額までお金借りてるけどクレカは作れる?

  最近は、消費者金融で気軽にお金が借りられる時代になりました。
無人契約機やWEB完結申込などさまざまなサービスが展開されており、人の目を気にせずに借りられるということから、ほんの少しのつもりでお金を借りてしまう人は少なくないようです。

中には、限度額まで借りてしまっている人もいるでしょう。
限度額まで借りてもまだ足りなくて、他の消費者金融で借りて、それでもまだ足りなくて・・・と、借金を繰り返して、後悔している人もいるでしょう。

これからきちんと返済していきたい。
返済していくためにも、いざという時に返済金に手を出さなくて済むように、クレジットカードを持っておきたいと考える人もいます。

足りなくなって返済を滞納してしまってはいけませんから、これは賢明な判断と言えるかもしれません。

しかし、限度額まで借金をしていても作れるクレジットカードなんて、この世に存在しているのでしょうか?

借金に寛容なクレジットカード会社でショッピング専用カードを作ろう

クレジットカード会社はたくさんあり、それぞれ性格も違います。
借金をしている人を毛嫌いする会社もあれば、借金があっても返済を滞納さえしていなければ問題なしと考えてくれる会社もあるんです。

借金の総量が総量規制の限度額まで達してしまっている場合でも、クレジットカードを作れる可能性はゼロではありません。

ただし、持てるクレジットカードは『ショッピング専用』のカードのみです。
クレジットカードのキャッシング枠も総量規制に含まれますので、総量規制の限度額までお金を借りてしまっている人は、キャッシング枠のあるクレジットカードを持つことはできないのです。

借金があることに寛容なクレジットカード会社の1つとして、アコムがあります。
借金のある人であればご存知だと思いますが、アコムはもともと消費者金融会社です。
最近、アコムマスターカードというクレジットカードを発行するようになりました。

なので、借金に対しての偏見が他のクレジットカード会社よりありません。

それどころか、アコムで借金をして返済をしている場合、すでに「返済をしてくれる信用がある」という意味合いで、審査に通りやすくなるということもあるようです。

もし、すでにアコムで借り入れがある場合、なおさらアコムに相談してみましょう。
アコムマスターカードにはショッピング専用カードがありますから、そちらを申し込めば比較的スムーズに審査がおりるでしょう。

無職ならいざしらず、きちんと仕事をしている人であれば、自信をもって審査を受けるべきです。

申し込んだその日にクレジットカードが手に入る可能性もあります。  

このページの先頭へ