滞納経験があってもクレカは作れるの?

うっかり返済を滞納してしまった・・・そんな経験を持っている人は少なくないでしょう。

クレジットカードやキャッシングの返済だけでなく、光熱費や家賃、携帯電話の料金など・・・お金を引き落とすのが当たり前になっている今の時代、『うっかり滞納』はよくある話です。

これらの返済の滞納は、信用情報機関に事故情報として記録されている可能性があります。
いわゆる『ブラックリスト』というものです。

クレジットカード会社は、審査をする際に必ず信用情報機関から情報を取り寄せます。
そこで事故情報があることが判明すると、ほとんどの確率で審査は通りません。

この事故情報には、『うっかり滞納』から『自己破産』までさまざまな種類があります。
ひとまとめにして『事故情報』と呼んでいますが、1ヶ月のうっかり滞納と、自己破産とでは、大きな差があることが誰にでもわかるでしょう。

事故情報があったからといって、クレジットカードを発行してはいけないといった法律はなく、全てクレジットカード会社の一存で決まります。

『うっかり滞納』程度であればOK、とする会社もあれば、「事故情報は全て許さない」とする厳しい会社もあります。

アコムマスターカードを作って事故情報を確認

もし、うっかり滞納してしまった過去があるのであれば、まずはアコムマスターカードを作ってみましょう。
信用情報機関から信用情報を取り寄せるという手もありますが、お金も時間もかかってしまいます。

アコムマスターカードであれば、即日発行が可能です。
自分がクレカの審査に通る状態なのかどうかが、すぐにわかるんです。

アコムマスターカードは消費者金融が発行しているカードなので「事故情報も無視してるんじゃないの?」なんて思われてしまうかもしれません。

しかし、そんなことはありません。
アコムは迅速に審査を終了させていますが、しっかりと見るところは見ています。
事故情報があれば、審査を通るのは難しくなります。

運よくアコムマスターカードを作ることができたら、それをショッピングに活用し、使った分はしっかりと返済していきましょう。

一度クレジットカードを持ってしっかりと返済をしていくと、その人の信用は上がります。
他のクレジットカードの審査にも通りやすくなるんです。

また、もし作れなかったとしても、信用情報は何年か経つと消滅します。
自己破産でも5~7年と言われていますから、『うっかり滞納』ぐらいであれば、すぐに事故情報扱いされなくなるでしょう。

一度落ちてもめげずに、半年後ぐらいに再チャレンジしてみてください。  

このページの先頭へ