クレカの審査に通らない。考えられる理由は?

クレジットカードの審査、なかなかスムーズに通らないと嘆いている人いませんか?
審査に通らないとショックを受けても理由がわからない限り、次にどのような対策をすればいいのかわかりませんよね。
また、クレジットカード会社によっても審査の基準は異なってくるので、注意が必要です。

そこで、審査に通らない理由をいくつかピックアップしてみましょう。

たいていの場合考えられる理由が、主に3つあります。
1.年収や勤続年数が審査基準に到達していない
2.ブラックリストに載った経歴がある
3.個人信用情報機関にカードやローンの利用明細が一度もない

この3点になります。

1の場合は、自分の加入するクレジットカード会社をランクを下げるしか方法がありません。
特に、主婦やフリーター、アルバイトといった人たちの場合は年収が条件を満たすことができないので審査に通るのが難しくなってきます。
そういう時は、確実に作れるクレジットカードを選ぶようにしましょう。

そして、2のブラックリストに載ったことがあるというのもクレジットカードをつくる上ではダメージが大きいです。
お金の管理をしっかりできない人と判断されてしまうことがあるので、落ちやすくなってしまうんです。

そして、3については今までクレジットカードを一度も利用したことのない人はブラックリストに載る人と同じようにみなされてしまうので審査通過が厳しくなってくるんです。
審査に通らないなと思ったら、これらの理由について考えてみましょう。

クレカの審査に落ちた理由を知る方法は?通るために手段はある?

クレジットカードの審査に落ちてしまった、次にどこの会社であれば審査が通りやすくなるのかわからないと肩を落としている人もいるかもしれません。
審査に落ちた時って、クレジットカード会社から今回は発行を見送らせていただきましたといった内容の書面のみが届くパターンが多くなっています。
つまり、具体的な理由はいっさい書かれていないんです。

その理由について知ることができるのかということですが、基本的には知ることはできません。
ただ、自分で調べてみることはできます。よくある理由については以前にブラックリストに載ったことがある、カード会社が発行数を制限しているといったものがあります。また、申込書に不備があったり条件を満たしていなかったりといった理由が多くなっています。

また、次にクレジットカードをつくる時に審査に通るためにできることを考えておかないといけません。
何度も審査に落ちてしまうのは避けたいですよね。

そこで、通るための手段として、まずはクレジットカード会社をしっかりと吟味することです。
意外と審査が緩い会社も多く存在しています。そして、申込書には嘘を記載せずにありのままの情報を書くようにしましょう。

嘘を書いていると、それがまたマイナスとなってしまいます。
そして、年収や居住形態などについても詳細をしっかりと書くようにしましょう。  

このページの先頭へ