専業主婦がバレずにクレジットカードは作れる?

専業主婦の方でも自分のクレジットカード作りたいと思っている人はいると思います。

専業主婦の場合、夫の収入が頼りになってくるので、自分の情報を書くにしても年収や職業の欄ってどう書いたらいいのかわかりませんよね。
そこで、専業主婦でもバレずにクレジットカードをつくる方法があるのか調べてみました。

まずは、消費者金融が作っているクレジットカードがポイントとなっています。
通常のクレジットカード会社であれば審査の際に収入や職業やらをしっかりと書かなければいけないので、これは専業主婦にとっては困ります
もちろん、審査に通過することもできません。

しかし、消費者金融が発行しているクレジットカードであれば、審査基準がとても緩くなっているので、専業主婦でもフリーターでも作ることができるようになっているんです。

この場合、審査に落ちるという例はほとんどありません。
それぐらい確実にクレジットカードを手にすることができるんです。

そして、バレずにクレジットカードを作りたいなら、デビットカードがおすすめです。
即日発行可能で、与信枠の調査がありませんので、基本的にバレる可能性はゼロです。

専業主婦であっても誰でも簡単に作ることはできますが、カード支払いしたらすぐに口座から引き落とされる点だけ覚えておきましょう。

クレジットカードを作ると在籍確認の電話は必ずある?

クレジットカードを作ると、審査の一環として在籍確認の電話があります。

この在籍確認というのは、申込書に記載されている勤務先に嘘がないかというのを確かめるものとなっています。

つまり、自分が仕事中の時にクレジットカード会社から電話がかかってくるんです。

では、すべてのクレジットカードにおいてこの在籍確認の電話はあるのでしょうか?
あらかじめ事前に在籍確認があるのかどうか知っておきたいですよね。
職場で自分じゃない違う人が電話に出た場合にはちょっと気まずくもなってしまいます。
在籍確認の電話は、会社によってかかってくる場合とかかってこない場合とがあります。
絶対にかけてくる会社もあれば、審査の際に十分に条件を満たしている場合には省略される場合とがあります。

自分が申し込みたいカード会社に在籍確認の有無が事前に分かればいいですが、確実にバレずにクレカを作りたい場合は、審査が緩めのカードがおすすめです。
審査が緩いのはズバリ、消費者金融系。
アコムマスターカードなどです。

とはいういものの、カード申し込みの際に不備が合った場合は、通常電話連絡なしでも、かかってくる場合があります。

ただ、もしかかってきても5分も経たずに電話自体は終わってしまうので、なるべくその時間は自分が電話に出られるようにするなどすれば、問題ありません。
職業によっては電話がかかってくることが苦痛になることもありますよね。
キャバクラ等の方については、キャバ嬢など水商売の人はクレジットカード作れる?をお読みください  

このページの先頭へ