勤めて何ヶ月経っていれば作れる?

まだクレジットカードを作っていないのでさっそく作ってみようかなと考えている若い人も多くありませんか?
特に、社会人になって間もない人などは自分のクレジットカードが欲しいなと感じていることでしょう。

そこで、気になってくるのがクレジットカードの審査です。審査ってなにされるの?働いて間もないけれど作れるの?と疑問点が出てくることでしょう。

まず、職歴や勤めている期間がどれぐらいということが関係しているのでしょうか?
答えから言うと、最低1年は同じ会社に勤めているということを証明できるようにした方がいいといえます。

もちろん、3年以上が理想ですが、できるだけ早く作りたいと考え言えている人にとっては少しでも早いほうがいいでしょう。
クレジットカード会社によっては6ヶ月経っていれば審査に通過できるであろうというところもあります。
ただ、入社して1ヶ月という場合はもう少し待った方が良さそうです。

でも、最近では職歴などがなくても審査に通過しやすいクレジットカードも登場しているので、昔よりも審査基準が緩くなっている会社が増えているということがいえます。
主婦や学生でも作れるようになっているので、そういったものを初めに作っておいてまた途中で本格的にしっかりとしたクレジットカードを作ってもいいかと思います。
 

預貯金や持ち家かどうかはクレカの審査と関係ある?

クレジットカードの審査になぜか落ちてしまう、理由がわからないという人も少なくないでしょう。
預貯金や持ち家かどうかとか関係しているのかなと思ってしまうこともあるでしょう。
そこで、預貯金や持ち家かどうかが関係しているのか調べてみました。

まず、預貯金についてですが、これはいっさい関係ありません。
預貯金の金額は人それぞれだと思います。それを何円以上ないとクレジットカードは作れないなどと言われても困ってしまいますよね。

なので、口座にいくらあるかという預貯金については関係なくクレジットカードを作ることができます。
また、持ち家かどうかについてが審査に影響しているかということですが、持ち家の方が審査の際に有利になることは確かです。

これは、アパートやマンションと比べるとということになります。持ち家の方が明確な居住場所がわかっているからです。
頻繁に引越しすることもないという認識があるからでしょう。
なので、持ち家がある人の方が持っていない人に比べるとクレジットカードの審査が有利になってきます

審査になぜ落ちてしまうのかわからないと疑問に思っている人は、持ち家かどうかという点を考えてみてもいいでしょう。
多くの人が借家かとは思いますが、それでも安定した収入や仕事があればスムーズに作ることができます。
レジットカード審査に通らない。審査落ちの理由を知る方法は?では審査落ちの理由について詳しく説明しています  

このページの先頭へ